Category: Vagetable

中古・中世の時代に、身分の高い女性は外出するときに、顔を隠すために単衣(ひとえ)の着物を頭から被った。その装いを「衣被ぎ(きぬかづき)」といい、それに似ていることからの命名。
すっぽり頭から被ることを「かづく」といい、その連用形であるから本来は「かづき」であるが、いつしか音変化して「かつぎ」 Read More

くりごはん

栗の皮を取るのが手間ですが、苦労したあとの秋のご褒美は格別です。生の栗を使った人だけが知っている、炊きあがりの香りと甘み、面倒を敢えてやることで至福の時を過ごす、これは本当に贅沢・・・ Read More

Leffond milleret

バターナッツ南瓜と銀杏のチーズ焼き 作り方 材料 4人前 バターナッツ南瓜(旬八、ライフなど) 1個  ルフォンミルレ・チーズ(成城石井) 1 銀杏 (アゼリア 旬菜) 12粒 ホワイトペッパー 少々塩 少々 手順 銀杏はパック全部、殻ごと20分ほど茹でて、ギンナン割で殻を割って渋皮を取り除き冷凍保存しておく。これで1年中使える。 バターナッツ南瓜の頭の方から皮ごと1cm弱程度に輪切り 中心の部分をナイフの切っ先で円錐状にえぐる(穴を開けない程度) 塩、ホワイトペッパーを振っておく チーズは12等分に切る バターナッツ南瓜をオーブントースターのネットで200℃、7分焼く。多少、重ねても平気。 天板を引いて、バターナッツ南瓜の中心に銀杏、チーズを横に乗せ200℃、2分ほど焼く  バターナッツ南瓜。 かたちからすると瓢箪かと思われても 実は、ねっとりとして、甘いカボチャ。 熱を加えるとその本領を発揮してくれます。  また、カボチャなのに、生でさっぱりと シャキシャキ美味しいサラダでも いけます。  皮? ピーラーでスイスイ剥くことができます。 How to make Leffond milleret cheese baking of Butter nuts pumpkin and gingko nut Material   4 servings  Butter nuts pumpkin  1   Leffond milleret cheese 1  Gingko nut 12 drops (boiled one)   White pepper a little.  Salt a little. Steps Cutting into round slices from the head’s one of butter nuts pumpkin, a little less than 1 cm in their jackets. Hollow out central part like a cone at point of knife (the degree in which you don’t make a hole). Salt and white Read More

1 2 3