【コハダの新子 酢じめ】粋な江戸前の寿司ネタを自宅でやってみると 

ひとてま
ひとてま レシピ
ひと手間かかる料理ですが、おうちで酢じめにすれば、もうおいしさい断トツ。

コハダの新子 酢じめ 作り方

材料;

コハダ 新子 1P
塩 少々
酢 2〜3カップ程

手順;

  1.  夏場は、酢を瓶ごと冷蔵庫で3時間ぐらい冷やしておきます

     

  2. コハダを、氷水に漬けます

     

  3. よく冷えたコハダの鱗を
    削ぐように落とし、

     

  4. 次に頭を胸鰭の下から落とし、
    腹を割いて腹の中と皮目を
    手早く洗います

     

  5. 3枚におろし、腹骨をすき取り、
    残っている背びれ、尻ビレを除きます

     

  6. 平ザルに、新子の身を上にむけ
    並べて、軽く塩を振ります

     

  7. 30分ぐらい経過後、
    塩が溶けて水っ気が出ていたら
    流水でさっと洗います
    出ていなければ15分追加で。

     

  8. ボウルに酢を50mlほど入れ、
    コハダをざっと酢洗いしてザルに
    移します

     

  9. バットなどの広めの容器に、
    コハダを重ねないように並べ、
    かぶる程度の酢を満たし本漬け
    します
    (気温が高ければ保冷剤を1〜2個入れて)

     

  10. 夏場は20分ほど、冬場は30分を
    目安に引き上げてザルにあげ、
    キッチンペーパーをかぶせて、
    余分な水分を吸い取ります

     

  11. タッパなどに入れ、
    上からラップをかぶせ、
    冷蔵庫に保存しておきます。

    早めに食べることをおすすめします。

なぜ酢を冷やすのか?

これはコハダの皮目の色をヤケド

つまり、皮目の色を飛ばさないための

ひと手間です。

コハダのこと

コノシロ
これが正式名称ですが、東京では
もっぱらコハダで親しまれます。

コハダ
コノシロ

ニシンの仲間。
日本の各地沿岸に分布していて、
体長は25cmまでに達します。

体の形状は平べったく、
背びれの最後のところが、
細長く糸のように伸びていて、、

なーんか優雅ですねぇ。

ご当地グルメ

瀬戸内海地方で「ままかり

と呼ばれるものは、ずっと「コハダ」

だと思っていました。

違うんですね、、

調べてみたら「サッパ」を

漬けるんだそうです。

f:id:test008:20191103115950j:plain
サッパ

 

まとめ

6月頃、生まれたばかりの新子は、
市場価格で4万〜11万の値が
付くこともあります。

そんな高値には、とてもとても
手が出ませんが、、、

季節が少しずれれば、
スーパーや鮮魚店にも顔を
出します。 

 一見、さばくのが面倒という感じを受けますが、

コハダは生まれたての「新子」から

「なかずみ」(体長18センチほど)

までならば骨が柔らかく

スッと包丁が入りますので、

何匹か捌いていると慣れて、

楽にできるようになります。

ぜひトライしてみてください。

口に入ったときのなめらかで繊細、

舌の上でほろっと溶けるような

味わいは、手作りならではです。

一度食べたら、、、

リクエスト間違いなし

自宅でもできる、とても美味な魚です。

  

  

-PR-

総出荷600万食突破!栄養価を徹底管理した健康宅配食【メディカルフードサービス】

Comment

  1. cotovol より:

    食べてるところ見てみたい。

  2. chef1 より:

    コハダって、ああいう形の魚だったんですねぇ
    勉強になりました!

  3. test008 より:

    わたさん
    毎度、どうもありがとうございます。
    >食べてるところ・・・
    今度、店頭にコハダが並んだときの検討材料にさせてもらいます。
    どういう姿勢で食べようかと。

  4. test008 より:

    ポリフェノールさん
    お越しいただき、ありがとうございます。
    店頭に並ぶと、なんだか可愛そうなくらい地味な存在ですが、海の中では優雅な姿でいるのでしょうね、きっと。
    まだ、潜って見たことないですけど。