【きぬかつぎ】旬の味、ひとくふうでおいしく楽しく

かんたん一品
かんたん一品 レシピ

きぬかつぎ 作り方

材料;

石川小芋(アゼリア 旬菜) 1袋

白ごま、黒ごま 少々

塩 少々

 手順;

  1.  石川小芋をよく洗ってザルで水切り
  2. なべに水、芋を入れて15分くらい煮る。楊枝をさしてスッと入れば、火を止めてそのまま10分、予熱で蒸らす
  3. 茹でた芋をよく冷ましてから、包丁・ナイフでイモの頭から1/3のところをグルッと切り込みを入れ、上の皮を除く
  4. ごまをまぶして塩を少々振ってできあがり

 ゴマの代わりに、きなこ砂糖、わさび醤油なども。ひと袋の半分をきぬかつぎ、残りは皮をむき片栗粉をまぶして唐揚げにすれば、楽しみは倍増しますよ。

 石川小芋とは

石川小芋

 石川早生(いしかわわせ)という品種、大阪府南河内郡の石川村(現河南町)が原産地とされており、名前は地名に由来します。

 里芋の仲間ですが早生品種で、宮崎県では7月から収穫が始まります。

 現在、出回っているものは、関東で収穫された石川早生。

 今回は静岡産でした。

 秋の名月を眺めながら、ツルッと指でむけるのを楽しむのは日本ならでは、、、、

と思っていたら、

なーんと中国の習俗だったんですね。

朝鮮半島、ベトナムにも文化の影響があります。

きぬかつぎの由来・語源

本来皮をむいた形で出てくるはずの里芋が、皮つきであることを衣被ぎになぞらえた女房詞。

中古・中世の時代に、身分の高い女性は外出するときに、顔を隠すために単衣(ひとえ)の着物を頭から被った。その装いを「衣被ぎ(きぬかづき)」といい、それに似ていることからの命名。
すっぽり頭から被ることを「かづく」といい、その連用形であるから本来は「かづき」であるが、いつしか音変化して「かつぎ」というようになった。

女房詞 (にょうぼうことば)とは、室町時代ごろから宮中で女官が用いた独特の言葉。一種の隠語のようなもので、今日にも多くの言葉が伝わる。語頭に「お」を付けて丁寧さをあらわすものや、語の最後に「もじ」を付けて婉曲的に表現する文字詞などがある。

引用元:由来・語源辞典

 そういえば、「おでん」や「おせち」なんていうのも、その女房詞の名残らしく、京都では「お芋さん」とか、生活の中で普通に使われてますからね。おせち料理も宮中の「節会:せちえ」に供される料理が発祥らしいですね。

Comment

  1. tysasuganogyosui より:

    わたくしも川崎の住人です、映画に関心あればご訪問ください。