【バターナッツ南瓜と京都産オクラの天ぷら】甘くてホクっとしたバターナッツかぼちゃと京都産オクラの粘り強さがおもしろい天ぷら

かんたん一品
かんたん一品 レシピ

バターナッツ南瓜と京都産オクラの天ぷら 作り方

材料

 2人前

雲仙のバターナッツ南瓜(八百一 1本 199円)  1/4

京都産オクラ(八百一 1パック 250円) 6本

いわし、鮭、アジなどの魚 適宜 (あれば)

サラダ油 適宜

ごま油  2割ぐらい

天ぷら粉 適宜

氷水  適宜

手順

  1. 天ぷら粉、氷水を入れて軽くとく(かき混ぜすぎない)
  2. 油の温度は、溶いた天ぷら粉を菜箸の先でポタッと垂らして、一旦沈んですぐに浮き上がってくるくらい
  3. 先にバターナッツ南瓜を揚げる
  4. 天かすを揚げ物アミですくい取りながら、
  5. 京都産オクラをさっと揚げる

 

ポイント

長崎、雲仙のバターナッツ南瓜は、とても扱いやすく、サクッと切れて包丁を入れるのに苦労しません。また、中のタネが少なく、切ったままで使えます。
ねっとりとした食感と程よいサツマイモのような甘み、皮もじゃまにならず、とても美味。

京都産のオクラは、上げすぎないことがコツです。衣が固まればOK。食べてみますと、粘り気が尋常ではありません。

もちろん生で刻み、鰹節をかけて醤油、、もよしです。

これだけでも極上の天ぷらになり、抹茶塩でも少しつけて召しあがれば、かなり高級な天ぷら料理。

  

  

-PR-
外出できないなら、、、自宅でチャレンジ。

自宅でできるフィットネス SOELU(ソエル)

Comment